あんてな + ブログランキング + 動画掲示板

スポンサード リンク

games

Book

翻訳ブログ ・ 2chまとめブログ ・ 韓国情報ブログ 更新情報  ランキング1位〜12位

【動画】ちょっとまって!我々台湾は日本だったのだから敗戦国なのでは?台湾で広がる抗日戦勝70周年って何?

アメブロ
comment

1

名無し@

15/06/02(火) 05:48:50

ID_70216033d0

返信ボタン

金門砲戦(きんもんほうせん)

1958年8月23日から10月5日にかけて、台湾の金門島に対し、中国人民解放軍が同島に侵略すべく砲撃を行ったことにより起きた戦闘。

開戦当時、アメリカは台湾当局に対し「金門はアメリカの防衛義務範囲に含まれない」とし金門の放棄を要求したが、蒋介石総統はこの要求を拒絶。
さらに台湾軍が戦闘を優位に運んだことから、アメリカは事態の打開のために、第三国を通じ金門防衛の戦闘の中で戦術核兵器の使用を示唆し、
また同時に台湾軍に対しさらなる武器供与を実施した。

中華人民解放軍のMiG-15とMiG-17が総数約100機、台湾空軍のF-86Fが総数32機投入された空中戦で、
F-86Fの一部の機体に搭載されていたサイドワインダー「AIM-9B」が11機のMiG-17を撃墜した。
この戦闘でのF-86Fのキル・レシオ(撃墜・被撃墜の率)は11対2、サイドワインダーの命中率は約60%であった。

台湾軍は金門への海上補給を維持すべく夜間の補給作戦を行ったが、中国人民解放軍は水雷艇等を動員して補給阻止を図っていた。
9月1日に馬公より出航した台湾軍補給艦が翌日料羅湾で中国人民解放軍艦艇と遭遇、「九二海戦」と称される戦闘が発生、
その戦果については両軍共に自軍の被害を少なく敵軍被害を大きく発表したと考えられ、近年は信憑性に疑問が提示されているが、
いずれにしても概ね台湾側が優勢のまま推移した。

9月18日以降にアメリカより8インチ榴弾砲が金門島の台湾軍に提供されると、中国人民解放軍砲兵陣地を攻撃し大きなダメージを与えた。

完全に劣勢となった中国人民解放軍は、金門への砲撃を7日間停止する」と一方的に発表、10月13日には再度2週間の攻撃中止を発表、
10月28日に中国人民解放軍は一方的に隔日攻撃の方針を発表し、戦闘は次第に終息化していく・・・
No1

※ このスレは断韓バカヤロさんにより作成されました

過激な書き込みを禁止します。(伏せ字、当て字も含む)
誹謗中傷・犯罪予告・差別用語・在日認定・コピペ・陰謀論・個人情報 等々

名前 :

■ レスアンカー⇒ >>番号(半角)、又は※番号(半角数字)    ■ 相互リンクサイト等、一部のURLのみ 自動リンクとなります。(サイト宣伝禁止)
■ Youtube、Dailymotion、ニコ動のURLを入力すると 自動的にプレイヤーが表示します。

動画掲示板 スレッド一覧 [No3388 〜 No3361]

最新のコメント 新着

 
 
 

ランキング41位〜

全て表示

Yahoo!ニュース ☆ ヤフコメ

秘密はココ